アメリカの子供服で節約

14歳から16歳までの子供服についてのお話。

アメリカのお子さんはすらっとしていたり、

大人っぽいですね。

私はそんなに背が高くないので、

以前遠くから近所の子に挨拶がわりに手を振ったら

子供に見えたようで、

「一緒に遊ぼう」的な仕草をされたことがあります(笑)

そんなすらっとしたティーンエイジャーのために

子供服の中には

身長を160cmまで設定しているものがよくあります。

胸囲、胴囲を注意すれば大人も着られます。

靴も同じで、子供の靴でも26cmまであるブランドも多々。

そんなこんなで

私はこどもちゃんとお揃いのTOMSの靴を買いました。

これはGLOW IN THE DARKで明るい光に当てておくと

しばらくの間暗い所で小さい星の部分が光るんです。

このデザインは子供用(tiny, youth)だけでした。

子供のデザインは大人とはまた違うし、

子供用は同じサイズでもWomen’sよりお得な金額設定。

宇宙のデザインが好きなので買ったのですが、

こどもちゃんとお揃いだと個人的にはちょっと恥ずかしいので

私が履くのはもう少し後かな。

このようにアメリカでは大人も子供服や子供用の靴が着用できるんですね!

嬉しい!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。