ボストン観光 2 バックベイ Back Bay

ボストンはこじんまりしていますが、

バックベイ (Back Bay)にあるプルデンシャルセンター

そこからマサチューセッツアヴェニュー

(Massachusetts Avenue、通称Mass Ave(マスアヴ)) を上がって、

チャールズリバーに架かるハーバードブリッジを渡ると

MIT(マサチューセッツ工科大学)が見えます。

MITを眺めた後、もっと北西に行くとハーバード大学があります。

バックベイを少し南西に歩くとボストン美術館 (MFA)があり、

名所を見るのに電車やバスだと2~3日かけた方が楽しいと思います。

私はボストン郊外に住んでいるので、

前日にはボストン全域を車でドライブして、

フェンウェイパークを中心に観ました。

この日はバックベイ (Back Bay)を回ることにしました。

バックベイにはランドマークであるプルデンシャルセンター

(Prudential Center) があります。

ショッピングモールやレストランが入っていて、

ホテルなどにも繋がっています。

ショッピングモールに入っているお店は

ボストン市内のモールや郊外のモールとそんなに変わりありませんが

やっぱりお客さんの数が断然多いですね!

ちょっと小腹が空いたので、

アメリカといえば!の

チーズケーキファクトリー (The Cheesecake Factory) に行きました。

アメリカならどこにでもあるのよ…。

でもアメリカ来たし、行こう!!!

開店直後に行ったのですんなり席に通してくれました。

お店を出る頃にはランチの時間で出入り口は待っているお客さんでわんさか

注文したのはコーヒーとチーズケーキ。

まだ空いているのに来るの、遅!

しかも窓近くの席がよかったなー。

前に2~3回来て、毎回感じるけど、

このプルデンシャルセンターのチーズケーキファクトリー、

出入り口のバーのテーブルや

窓際の席には欧米系のお客さんがずらり、

私が座る奥の席の周りはアジア人のお客さんが多い。

これを人種差別と言うか言わざるかは…

あなた次第??

(私の家の近くのチーズケーキファクトリーはそんなことは感じなかったけど。)

今度はガッツリメイクして綺麗な服装で行って、

質問してみようかしら。

さてさてケーキの話に戻って、

手前がホワイトチョコレートマカダミア、奥がスモア(S’more)

S’moreは焼いたマシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーで挟むもの。

食べると…

やっぱり甘い!そしてどっしりとしています。

でも持ち帰りできるので無理して食べなくても大丈夫ですよ〜。

友達と私は箱に入れてもらって持ち帰りました。

腹ごしらえをしたところで、

ボストンコモン (Boston Common)をお散歩。

あいにくの雨だったけれど

いいお散歩になったよ。

ボストンコモン北東、ビーコンストリート (Beacon Street)にある

Massachusetts State House (州議事堂)

赤い線を辿って歴史的建造物などを巡るフリーダムトレイルの

通り道になっています。

その後、フリーダムトレイルに沿いながら外れながら歩いて

Old State House (旧マサチューセッツ州会議事堂)

ファニュエルホール (Faneuil Hall) 

クインシーマーケット (Quicy Market) に行きました。

Old State House (旧マサチューセッツ州会議事堂) と言うと

世界史でも出てくるボストン虐殺事件が1770年にのすぐ側で起こり、

1776年には独立宣言が読み上げられた場所。

そう思うと何かを感じられずにはいられません(〇〇くんではない)。

ビジネス街のビルに囲まれ、300年以上前に建てられた建物が現存している、

「観光地って本当に面白いなあ」と、いつも思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。